お取り寄せで購入したブランド和牛を楽しむのに役立つインフォメーションサイト

お取り寄せで食べ比べたいブランド和牛

和牛と国産牛の違いや国産和牛と外国産和牛の違い

高級食品であるブランド和牛を現地で購入したり、現地の高級店で食べたりするのにかかる金額は、相当額に及びますが、ネット通販でお取り寄せすれば、多少は安価に購入ができるのに加え、様々な地域のブランド和牛の品種や部位ごとの食べ比べも可能となります。

ブランド和牛の購入にはお取り寄せが便利

日本で食べられている牛肉のうち、和牛と国産牛は混同されやすく、和牛と国産牛が同じものであると誤認されることも珍しくありませんが、和牛と国産牛は、全くと言っていいほど異なり、和牛が日本の在来種の牛をベースに外来種を交配し、日本国内で品種改良を重ねた最上級の品種であるのに対して、国産牛の場合、日本国内で育った期間が生育期間の中で最も長い牛を指すため、食用牛か乳用牛かも関係なく、生育を長く国内で行ったことで、一定の品質こそ保証されたものの、ありふれた品種である場合がほとんどです。

和牛と国産牛の混同の原因は明らかで、食品における国産という定義の曖昧さに他ならず、既に規制済みではあるものの、輸入した食用貝を日本の砂浜に埋めた後、掘り返した食用貝が国産扱いされる可能性があったことなど悪質な行為が行われる余地が多分にあったことに起因しますが、年々規制が進んでおり、少なくとも国産牛を和牛と表記して販売することは違法であるため、国産の定義を認識しておけば、和牛との混同は避けられるでしょう。

また、和牛の遺伝子が海外に持ち出された結果、外国で和牛の生産が行われ、外国産和牛とでも呼ぶべき和牛が出現したことで、日本原産の和牛を国産和牛と表記する必要が生じるのみならず、和牛の遺伝子の持ち出しの防止をはじめ、和牛のブランドを守る必要性が高まっており、現在のところ、外国産和牛と称される和牛は、日本において和牛とはみなされていません。

お取り寄せするならどのブランド和牛?

お取り寄せするブランド和牛の選ぶ場合、安定した生産性によりブランド和牛としては安価でありながら、三大ブランド和牛というブランド性も伴う近江牛は有力ですが、知名度で近江牛に劣らない他の三大ブランド和牛に加え、知名度に欠けるために比較的安価な地方のブランド和牛も食べるに値するはずです。

ブランド和牛のお取り寄せを利用する方法

ブランド和牛をお取り寄せするのは、もちろん食べるために他なりませんが、お取り寄せで購入したブランド和牛の最適な食べ方を選ぶことで、ブランド和牛をより楽しめますし、高級食品であるブランド和牛なら、特別なお祝いや贈呈用に利用してみてはいかがでしょう。

TOPへ戻る